Vol.272 大阪・名古屋・東京4連ぽい


 6月はなつぽいが大阪で舞台に出演したので観劇のため大阪遠征からスタートしました。プロレスではなく舞台で遠征は初めてでしたが、女優・万喜なつみも魅力一杯で、楽しい時間でした。
 プロレスは9日の東京女子新木場大会からでした。まなせゆうなが欠場していたため、復帰してからもなかなか予定が合わなかったため久し振りの東京女子でした。ところが前日になってまなせゆうなが欠場となってしまい、キャンセルも出来るとのことのことでしたが、仕方ないので行きました。試合内容も前はもっと面白かったと思うのですがイマイチでした。こういうことがあると益々足が遠のきます。
 10日は新木場Wヘッダーで、昼間はマーベラスでした。舞台を終えたなつぽいの久し振りのプロレスモードでした。相手がW-FIXなので凶器、乱入のオンパレードでだいぶやられました。どちらかというとニュートラとガンガンやり合って欲しいところです。
 夜はスターダム。イオのラスト新木場ということで超満員でした。恒例の全選手掛けでした。結局20人と戦いましたが、人数が事前に発表されず、これは相当きつかったと思います。結構早い段階から疲れが見え、終盤の花月にはフォールを取られました。それでも最後までしっかり戦い抜いてくれました。生憎の雨と人の多さで売店ははなから諦めていましたが、だいぶ混乱したようです。そういうところももう少し考えてもらいたいと思います。イオがいなくなり、花月が赤、桃が白のチャンピオンとなりましたが、スターダムも大きく変わるでしょう。正直なところ不安な気持ちです。
 続けて11日も新木場、アクトレスのBeginning大会でした。中途入団の沙紀&茉莉が主張して外敵のような感じになり、選手が続々とデビューし、一方で白いん子とミキティがひっそり退団したり、最近はモヤモヤな感じです。アクトレスも3周年を迎えて転換期にあるのかもしれません。なつぽいはタッグで堀田と対戦しピラミッドで敗れました。かなり厳しいことを言われました。もちろんやる以上は本気で全力でプロレスをやらなければなりません。やっていると思います。でなければ応援する気にはなりません。でも彼女たちが目指しているのは単なるプロレスではなく、アクトレスガールズというジャンルを確立することです。すごく難しいことだと思います。メインでは多恵ちゃん&なおにゃーの以下省略。が沙紀&茉莉に敗れ、新たにマスクウーマンも加入し、モヤモヤは晴れません。それでも最後はサオリんの音頭で一致団結をアピールしましたが、第1試合でお笑い系のイナと対戦になり不満を漏らしていたみゆ姐は納得がいっていない様子でした。
 16日はディアナ川崎同情マッチを観戦しました。ジャガー横田の41周年記念ということで道場マッチですが、超豪華な大会でした。Sareee&門倉凛が伊藤薫&渡辺智子に勝利するなど若手対レジェンドがコンセプトでした。新旧アイドル対決と銘打たれて、なつぽい対井上貴子の私にとっては本当に夢のような対決が実現しました。なつぽいはしっかり爪痕を残せたと思います。
 17日はとても大事なWヘッダーでした。昼間はスターダム後楽園でイオのラストマッチです。久し振りの超満員でした。イオはセミで麻優とのサンダーロックを復活し、大江戸隊の花月&葉月との対戦でした。いいカードでした。ゆずポン、ほーちゃん、風香GMが去り、ずっと前から応援していたのはイオだけになってしまっていたので本当に寂しいですが、新たな夢に向かって羽ばたいてもらいたいと思います。 メインは桃対叫女の白いベルト戦でした。スターダムの未来のカードです。2人とも頑張ってはいますが、正直この先、不安を感じています。
 夜は新木場でアクトレスガールズのACT31です。こちらも超満員の入りでした。11月15日には初の後楽園大会も決まっており、いいことです。 沙紀&茉莉がかき乱し、なつぽいも負けが続いていて、このところモヤモヤしたものがありました。メインのさむなつ対沙紀&茉莉はとても重要なカードでした。 結果、サオリんが茉莉に勝利して一応はスッキリしましたが、フォールを取られていない沙紀がサオリんを挑発し、第1試合では新しく加入したマスクウーマンのサクランボニータがなおにゃーに勝利していて、まだ続くという感じです。
 22日から大阪・名古屋・東京と4連ぽいでした。まずとても貴重なさむなつイベントがあるということで、平日ですが、2度目の大阪ですが、行きました。間に大阪北部地震がありましたが、中止になる気配はまったくなく、大阪市内は影響もない感じでした。そして翌日の土曜日はアゼリア大正で極悪祭です。さむなつと山縣優のトリオでダンプ松本&ZAP&KAORUとメインで対戦という恐ろしいカードでした。なつぽいは小さいのでやっぱり狙われてしまいます。竹刀、一斗缶、毒霧を食らいましたが、それでもよく食らいついていきました。最後は極悪レフェリーの高速カウントで敗れ、悔しい結果になりましたが、ダンプはもうそんな風にしか勝てないということで、よく健闘しました。
 そして日曜日はJ@STの名古屋大会があるということで経由しました。サオリんが参戦しなかったのは残念でしたが、なつぽいはnokiーAとタッグで多恵ちゃん&小林香萌との対戦でした。前日と変わって真っ向勝負のいい試合でした。なつぽいと多恵ちゃんのスパーリングのような攻防は特に良かったです。
 東京に戻って月曜日はマーベラス新木場大会でした。公開プロテストもあって、試合は男子シングル1試合と8人タッグが2試合でした。なつぽいはLEVEL5勢揃いで、広田&パンディータ &チェリー&松本みやこという異色チームとの対戦でした。今度はバラエティー色豊かな試合になりました。3試合とも違った感じでしたが、それぞれ持ち味を出していたと思います。本当によく頑張っています。

ブログも御覧下さい

BACK NUMBERはこちら