Vol.278 2018年ラストスパート


 なつぽいが昨年いっぱいでアクトレスガールズを退団ということで12月はラストスパートでした。2日はOzに初参戦、後楽園大会でした。大畠美咲と最初で最後のタッグ結成でしたが、相手が堀田&倉垣とパワーバランスが明らかにおかしい。健闘はしましたが、どうしようもないです。他にもアクトレスからレギュラー参戦しているサオリんは正危軍の一員としてMK4と対戦。たぶん初めての毒霧をやりました。角度的によく見えませんでしたが、あまりうまくいかなかったような。まあ無駄になる経験なんてないので、何でもやったらいいと思います。翔くん五番勝負の第4戦で志田のシングル王座に挑戦でした。敗れるのは仕方のないことですが、充分に頑張ったと思います。五番勝負最後の相手ははもちろんAKINOに決まりました。爪痕を残せるように頑張って欲しいです。
 9日は一日両国KFCでした。昼はアイスリボン。なつぽいが久しぶりの参戦でした。朝陽と組んで、世羅&トトロとの対戦でした。世羅との「初めましてですか?」「何処かで会った気がします」のやり取りは分かる人には分かる感じでニヤリでした。大畠も引退ロードでつっかとシングル。メインは雪妃と妹加ちゃんの次期挑戦者決定トーナメント決勝戦と面白いカードが観れました。しばらく見ないうちに弓李がすごく良くなっていました。
 夜はアクトレスガールズACT34でした。なつぽいが年内でアクトレスを退団する前に戦いたいと多恵ちゃんが望んでいた対決が実現しました。デビューから3年半、ずっと一緒に闘ってきた2人、それをずっと観てきた者としては、すごく感じるものがある試合でした。またいつか何処かで闘って欲しいです。みゆ姐がひめかちゃんに勝利し、改めてサオリんのベルトに挑戦を表明しましたが、翔くんも割って入り、2人で決定戦が行われることになりました。楽しみな一戦です。
 12日は、蟹KING興行に、ぽいちゃんが初参戦ということで、遥々アイスリボン道場まで行ってきました。妹加ちゃんとのタッグはとても貴重です。対戦相手が宮城もちとつくしということで、セクシーポーズ?も披露。これもとても貴重です。ひめかちゃんとライディーン鋼の試合もど迫力。なおにゃーも参戦して、ユイガニマスクと組んで、藤ヶ崎矢子&神田愛実と対戦。いい味出してました。3試合だけでしたが、楽しい雰囲気で、どれもいい試合でした。
 14日はJ@st新木場大会でした。1000リツイート、いいねでミッションクリアのご褒美に呼びたい選手を呼べるということで、選ばれたのが藤本つかさでした。メインは多恵ちゃん&ミスティク対つっか&ひかりちゃんでした。世羅対マリグナ、Leon対みゆ姐、妹加ちゃん対ジャンボといつも何気に豪華なカードが並びます。そしてどれもいい試合でした。
 なつぽいとサオリんも出ました。それぞれ新人の松井珠紗と川畑梨湖を連れて、さむなつタッグ対決でした。対決するにしろタッグを組むにしろ、もう機会はあまり残っていません。もしかしたら最後かもと思いながら目に焼き付けています。新人の中では、ムーンサルトまでやる梨湖がだいぶリードしている感じです。
 15日はちょっと久し振りにのスターダムでした。メインはアーティスト選手権STARS対QQでした。星輝ありさが復帰してポジションが更に微妙になっていますが、たむちゃんを応援しているので、このベルトは何としても防衛して欲しいところです。結果、またも鹿島沙希の起死回生が渡辺桃に決まりV2を達成しました。よかったです。セミはジャン叫対ナツコの一騎打ちでした。明日にナツコが白いベルト挑戦を控えていて、15分では、そりゃ引き分けでしょうね。結果的が目に見えていて、その通りになるプロレスほどつまらないものはありません。
 16日は2日続けてのスターダム、今年最後の新木場大会でした。たむちゃんは第1試合で羽南3姉妹を引き連れてJANとの6人タッグマッチ(4人いるとかいないとか)で、昨日のメインでアーティスト戦とは対照的に消化試合レベルでした。メインは桃対ナツコの白いベルト戦でした。ナツコは頑張ってはいますが、桃が危ないと思わせるほどのものはなく、普通に防衛でした。JANがパッとしませんね。あと麻優の足の怪我がだいぶ悪いようで心配でしたが、やはり内側側副靱帯断裂と診断され、欠場となりました。とても残念です。
 17日は、なつぽいが参戦ということで、札幌以来1カ月振りのマーベラスでした。ユニットシャッフルで、なつぽいは薮下と組んで、LEVEL5の山縣優&門倉凛と対戦でした。凛とはお互いにライバル意識があるようで、メラメラモード。薮下との連携も意外に良く、薮下が凛をフォールし勝利しました。メインは新人同士のシングルマッチ。長与が教育のため試合順を変えると事前アナウンスがあり、どうかなぁと思っていましたが、20分間、間延びさせることなく、きっちり闘い抜いたのは立派でした。
 19日は、なつぽいが参戦するということでGrowth新木場に行って来ました。しかもSareeeとのタッグ。ひめかちゃん&真琴との対戦でした。身長差がすごいですが、サリぽいタッグなので急造コンビニは負けません。Sareeeがひめかちゃんにジャーマンを決め、間接的ですが2連勝でした。
 20日は新木場でアクトレスガールズ年内都内の最終戦でした。年内で卒業するなつぽいも尼崎、他団体はまだありますが、同様です。ということでセミで初期メン4人によるタッグマッチが組まれました。組み合わせは、ほうれんぽい対サオリん&なおにゃーです。楽しい試合になりました。なつぽいらしくて良かったです。最後はサオリんが多恵ちゃんにジャーマンで勝利し王者の貫禄を見せました。メインはベルト挑戦権を賭けて、みゆ姐が翔くんに勝利しました。翔くんも頑張っていますが、みゆ姐の勢いは止まりません。これを受けて、23日の尼崎では、初期メン対2017年デビュー組の対決。王座戦は来年1月6日の新木場に決まりました。
 22日はタカタイチマニア横浜ラジアンに行きました。チケットが2時間で完売したそうですが、サオリんが参戦すると聞き、その後なつぽいも参戦することとなり、これは行きたいということで、ネットで調べたところ、チケットストリートというサイトで、ちょっと割高でしたが購入することができました。なつぽいがアクトレスガールズとしては最後のさむなつはとても貴重です。K-DOJOの笹村あやめ&進垣リナに勝利しました。さらに最後のバトルロイヤルには全選手が出場ということで、さむなつも出場しました。なつぽいは最上とやり合って脱落してしまいましたが、TAKA、タイチ、金丸とともにサオリんが残り、優勝してしまうというおまけ付きで、何とか観に行けて本当に良かったです。
 23日は尼崎で昼夜興行で、朝早く出て最終の新幹線で変える予定で大変ですが、とても楽しみにもしていました。ところが、前日夜にSNS等で、なつぽいが諸事情により欠場し、理由は当日、堀田選手から説明するとの発表があり、もう不安しかなく、尼崎に向かいました。堀田選手の説明は、なつぽいが来年から某団体に上がることがわかり、欠場してもらったというものでした。団体名も言いましたが、なつぽいも某団体も発表していないので言いません。お分かりでしょうけど。
 きっとそれぞれに行き違いがあったのだと思いますが、最後の最後で、こんな形になってしまったのが残念でなりません。それでもお互いの信じる道を進んで、いつかまた交わってくれることを願って、これからもなつぽいもアクトレスガールズも応援していくのみです。
 また川畑梨瑚選手が試合中のアクシデントで足を負傷し、動けなくなり、試合がストップ、救急車で搬送されるということもあり(骨折でした)、すごく重苦しい興行になってしまいました。
 メインは初期メン対2017年デビュー組の6人タッグでした。みゆ姐も翔くんもひめかちゃんも応援していますが、旗揚げ前から知っている初期メンのサオリん、多恵ちゃん、なおにゃーへの思い入れはやはり強いので、みゆ姐が多恵ちゃんに勝ったのですが、その結果は悔しかったです。
 夜興行は乱丸フェスタでした。昼興行と連動してアクトレスガールズが全員参戦でした。乱丸といえばお笑いプロレスです。 負傷欠場中の未来ちゃんとリングアナのみずみずも私服ファッションショーでリングに上がったり、女優の多恵ちゃん、なおにゃーも出場した新喜劇プロレス、みゆ姐はみゆきんぼう仮面などバラエティー全開でした。メインは乱丸とサオリんの一気打ちでしたが、もちろんこれもハチャメチャでした。昼とは打って変わって、楽しい楽しい興行となり、笑顔になって東京に帰って来ることができて良かったです。
 24日はマーベラス横浜ラジアン大会でした。前日の欠場で、なつぽいが参戦するのか分かりませんでしたが、欠場の発表はないし、チケット予約済みなので、とりあえず行きました。結局、予定通り参戦となり良かったです。カードはもともと当日発表でしたが、セミで渡辺智子、山縣優とのLEVEL5で、KAORU、チサコ、薮下のW-fixとの対戦でした。やはり攻め込まれる場面もありましたが、乗り切って、アシストも受けて、藪下にフォール勝ちしました。
 今回のことについて、私は一ファンなので、詳しい事情は知りません。詮索する気もないし、語る気もありません。ただ今日の試合を観たら、なつぽいの闘う姿、勝った時の涙を観たら、もう感動でした。泣けました。信じて応援していくだけだと改めて思いました。そしてLEVEL5の渡辺智子、山縣優、マーベラス代表の長与千種の暖かさにも感動しました。今年の初めLEVEL5に加入した時は、えっと思いましたが、素敵な居場所があって本当に良かったです。
 WAVE後楽園大会を観戦しました。なつぽいは、みゆ姐、ひめちゃんとともに予定通りバトルロイヤルに参戦しました。凛とやり合って、みゆ姐にも絡まれて、早々に脱落してしまいましたが、大畑の引退セレモニーにも参加できて良かったです。
 WAVE活動休止前の最後の大会で、大畠美咲の引退興行だったわけですが、とても良い興行でした。引退試合でレジーナ挑戦、しかも勝利してしまうという大畠らしいのか、あまり見てこなかったので分かりませんが、とても良い引退試合&セレモニーでした。
 大晦日のディアナ道場マッチのSareee対万喜なつみは残念ながら流れてしまったので、これが今年のプロレス納めになりました。これはまたいつかの楽しみにしておきます。プロレスのダメなところと素晴らしいところを改めて体感した2018年の年末でした。それぞれの信じる人が信じる道を進むのを、これからも応援するのみです。道がいつかまた交わってくれることを信じて。
ブログも御覧下さい

BACK NUMBERはこちら