Vol.269 アクトレス、最後のムーンサルト、電流爆破論争


 3月4日は新木場Wヘッダーでした。昼はマーベラス、LEVEL5にぽいちゃんが加入したので観に行くようになりました。メインでW-FIXとの対戦でした。老獪なトリオ、凶器も使うし、最後は毒霧もということで、悔しい試合になってしまいました。2回続けてのメイン、そうそう良い結果は出ませんが、これも試煉です。頑張っています。セミでSareee対桃野美桜という注目のシングルもあって良かったですが、正直、前半戦の試合はあまり好きではありません。
 夜はスターダムでした。グラビア系タレントの山口菜緒がデビューということで大盛況でした。デビュー戦にしては上出来の内容でした。対戦相手を務めた渋沢四季も新人王を獲ってからすごく良くなりました。堂々と大役を果たしました。イオはザイヤとシングル対決で珍しい顔合わせでしたが、試合後、ザイヤがスターダム入団を表明しました。歓迎です。トニーとビーのタッグも魅力的でした。
 メインは正規軍対大江戸隊の6人タッグマッチでした。またもたむちゃんがだいぶやられましたが、気持ちは負けていません。4.1名古屋で電流爆破マッチをぶち上げました。どうなることやら。ヒロは引退したカウントダウン、風香GMは不在ですが、何だかんだ言ってもやはりスターダムは次々と新しいことが起こり面白いです。
 9日はアクトレスガールズBeginning新木場大会でした。メインはサオリん&妹加vsなつぽい&沙紀という興味深いカードでした。サオリんと沙紀がバチバチムードだったので、2人の対決がメインになるのかと思いましたが、そしてすごく久し振りとなるなつぽいと妹加の対戦も、あの頃とはまったく違っているので、すごく楽しみでした。ところが意外やサオリんとなつぽいがバチバチにやり合う展開となり、なつぽいが敗れて、悔しい結果になりました。一気にシングル対決ムードが盛り上がりましたが、この2人の対決には複雑な想いがあり、まだ待ってもらいたい気がします。
 ここから3月もアクトレスラッシュです。11日は板橋Wヘッダー、昼はPURE-Jでした。メインはボリショイ&Leon対矢子&小波のタッグ選手権でしたが、お目当はセミの華子&サオリん対希月あおい&なつぽいでした。 華子と希月は4.15後楽園でPURE-J無差別級選手権が決まっていて、前哨戦ですが、なつぽいとサオリんもこのところバチバチムードで、9日に続いて、また対決です。いきなり場外で激しくやり合いバチバチモードです。それでもやはり華子と希月の前哨戦モードとなり、最後はなつぽいも粘ったのですが、華子に敗れました。悔しい結果が続いていますが、頑張っています。
 夜はディアナSareee7周年記念大会でした。なつぽいが友情参戦で、第1試合でボリショイ・キッドと対戦しました。コマンドではないので楽しい試合でしたが、老獪さにやられてまた悔しい結果になってしまいました。メインはSareee&伊藤対京子&山下りなでした。試合前ににサプライズでなつぽいがSareeeコスチュームでお祝いに登場するしましたが、席が悪く、ほとんど井上京子の背中しか見えませんでした。Sareeeが京子から3を取るというこちらは最高の結果になりました。試合も素晴らしい内容でした。5.5後楽園で京子のベルトに挑戦が決まりました。まだまだ高い壁ですが、頑張ってもらいたいです。
 14日はWRESTLE-1後楽園大会を観戦しました。例によって、アクトレスガールズのなつぽいとサオリんが参戦したので行きましたが、嬉しいたまたまで、武藤が手術欠場前の最後の参戦でした。8人タッグながら、ゆかりのメンバーが集結し、大和ヒロシの復帰戦も兼ねた豪華なメンバーでした。先発を武藤が買って出て、足4の字、シャイニングウイザードと見せ場はたっぷりでした。そして人工関節にするとムーンサルトはできないということで、最後のムーンサルトが出るのかが最大の焦点でしたが、河野が全力で阻止すると言っていて、その言葉通り、邪魔をして、それでもムーンサルトを打ちましたが、一度は自爆に終わり、そして最後にもう一度しっかりと決めて勝利しました。最高でした。長期欠場になりますが、必ずリングに戻って来てくれると信じています。
 イケメンは6人タッグでしたが、やっぱりいいです。面白いし動きもいいです。メインは芦野対征矢のチャンピオンシップでしたが、これがすごくいい試合でした。征矢が勝ってチャンピオンになるという結果も良かったです。久し振りにすごくいい興行が観られました。
 17日は、なつぽいが参戦したのでマーベラス仙台大会に行きました。今年初の遠征です。仙台は一昨年の5★STARGP以来1年半振りくらい。その時はなつぽいvs麻優の公式戦でした。  今回はLEVEL5で山縣と組んで、W-FIXのKAORU&DASHチサコ戰でした。またまた厳しい戦い、キツイ相手でした。ジャーマンも決めて、健闘はしましたが、敗れました。この悔しさはいつか実を結ぶはずです。声援をも飛んでいたし、売店も人気でよかったです。
 メインには仙女が参戦して、渡辺智子&里村明衣子vs桃野美桜&橋本千紘でした。これも桃野が健闘するも敗れるという試合でした。試合後のマイクは桃野の独壇場でした。里村を「赤いオバサン」呼ばわりするあたりいい度胸しています。
 21日は極悪祭り新木場大会を観戦しました。このところ対戦ばかりでバチバチムードだった、さむ&なつリーですが、ようやくタッグ結成です。ただ極悪祭のリング、対戦相手はKAORU&門倉凛ということで、またも厳しい戦いになりました。なつぽいはすごく頑張っているものの悔しい試合が続いています。試煉ですね。メインでは長与とダンプがタッグ対決。OGの永堀一恵が登場したり、モノマネショータイムもあり、良くも悪くもとても昭和な興行でした。
 25日は興行ラッシュでしたが、新木場Wヘッダーを選択しました。昼はスターダムです。新人の小野崎玲皇デビュー効果か、美邑弘海ラスト新木場効果か、またも超満員札止めでした。
 さらにアーティスト王座戦もありましたが、話題は電流爆破でしょう。たむちゃんの電流爆破は観たことがありませんが、それは認めていない大仁田がいたからで、電流爆破自体は否定しません。ここで持ち出した気持ちも分かります。一方ででイオが出る必要はないし、スターダムでやる必要もないと思います。それでもこういう流れになってしまった以上やるしかないと思っていました。ただやるやらないの話題だけでで引っ張るのが気に入らなかったのですが、1週間前になって遂にイオがやると発言しました。でも結局、ロープは有刺鉄線でも電流爆破でもなく、ただ電流爆破バットを持ち込むだけのようで、名古屋に行くことも考えていましたが、それじゃあちょっとなあという感じです。
 夜はアクトレスガールズACT28でした。皆すごくレベルアップしていて、新人も続々とデビューし、沙紀、茉莉も加入して、選手層が厚くなりましたが、人数が増えればいいというものではないのですね。今日の前半戦はイマイチの内容だったと思います。難しいものです。
 メインは初期メンによるタッグマッチでした。サオリん&多恵ちゃん対なつぽい&なおにゃーという顔合わせ。なおにゃーは他の3人に比べて1枚も2枚も落ちる感じでしたが、このところ独自のキャラを確立しつつあり、すごく良くなってきました。なのでこの試合のキーパーソンでした。なおにゃーが勝てば今後の展開が面白くなると思っていましたが、見事に多恵ちゃんから勝利しました。そして多恵ちゃんからなおにゃーにタッグチーム結成の申し入れがありました。早速面白い展開になりました。負けが続いていたなつぽいも3月の最後でようやく勝利することができて良かったです。
 28日はスターダム後楽園大会を観戦しました。盛り沢山でしたが、何と言っても風香GMの卒業です。体調の関係で来場できるか当日まではっきりしませんでしたが、来てくれて本当に良かったです。試合前に売店ということだったので、会社は休みました。オープニングのセレモニーでは1期生から教え子たちが続々と登場し、懐かしい顔も沢山ありました。もう一人、美邑弘海も引退でした。ジャン叫&桃のこれも懐かしいタッグが対戦相手、明るくらしい引退したでした。
 去る人あれば来る人あり、アパッチェ一族のナツミがイオを相手に破格のデビュー戦でした。なかなかいいです。鹿島沙希も復帰戦でした。メインで麻優&たむと組んで正規軍として大江戸隊と対戦でした。まだまだで敗れましたが、今後に期待です。

ブログも御覧下さい

BACK NUMBERはこちら