Vol.280 プロレスの日、マキマキ対決


 2月2日は東京女子板橋大会を観戦しました。2週連続の板橋グリーンホール、3週連続ぽいヒカリタッグでした。いい感じのタッグチームになってきました。そしてなつぽいが伊藤麻希と初遭遇でした。レギュラー参戦決定の記者会見で、気になる選手として名前を出した相手で、面白そうだなと思いましたが、やっぱり面白いです。23日の新宿FACEでシングル対決が決まりました。これは楽しみです。ツインテールの日ということで、試合後の物販は全選手がツインテールか猫耳で登場というのも東京女子らしい楽しい演出でした。
 3日はOZ新宿FACE大会を観戦しました。黒サオリんがメインで桜花と組んで、志田&倉垣との対戦で、大変でしたが、尾崎の悪のアシストもあり、何とか勝利しました。正危軍バージョンも魅力的です。そして翔君の5番勝負最終戦でした。相手はもちろんMK4大将のAKINOです。30分時間切れ引き分けは、AKINOの言葉通り親心によるものですが、結果ではなく内容です。充分に健闘しましたが、まだまだ出来るはずだと思います。それでも観客の判定は満場一致でMK4残留が決まり、まずは良かったです。これからに期待です。
 7日はアクトレスガールズBeginning新木場大会を観戦しました。Coler'sと分離して、負傷欠場選手もいて、手薄になった感はぬぐえず、他団体から参戦の選手が出ることになりました。やはり欠場中の選手に早く戻って来て欲しいところです。セミはみゆ姐と妹加ちゃんのパワー対決でした。見応えのあるいい試合でした。メインはサオリん&雪妃真矢の青バージョン初タッグ対翔くん&ひめかちゃんでしたが、翔くんがサオリんにフォール勝ちという結果でした。翔くんもひめかちゃんも凄く頑張っているし、メキメキと成長していて勢いもあります。でもここはまあ、翔くんのベルト挑戦に向けて盛り上がったということでいいのではないでしょうか。
 9日からの3連休は未来ちゃんとたむちゃんの出演舞台があり、それぞれ10日と11日に観劇しました。10日は東京女子の成城大会もありました。なつぽいが参戦して1カ月になりますが、まだまだ新鮮な顔合わせが続きます。この日は中島翔子とのタッグで上福ゆき&白川未奈との対戦、カミーユと初遭遇でした。かなり特異なキャラなので戸惑ったようですが、中島の619からバックラッシュできっちりフォール勝ちしました。この辺では当たり前の勝利でした。セミは天満のどか対渡辺未詩、山下実優対及蒼ヒカリのシングルで、23日新宿FACEプリプリ戦の前哨戦でもありました。アップアップもだいぶ良くなっています。特にヒカリちゃんはなつぽいとタッグを組んでいて、セコンドにも着いていたので応援してしまいます。
 スターダムも新木場2連戦でしたが、たむちゃんが舞台で欠場、麻優ちゃんもROH遠征で、星輝ありさもフル出場はしないのか他の仕事があるのか分かりませんが欠場ということで行きませんでした。大江戸隊のXで盛り上げようとしているようですが、後楽園もたむちゃんが欠場ということで行かないので興味なしです。
 17日はまずDDT両国大会に行きました。今年初男子です。でもお目当てはアンダーマッチの東京女子プロレス提供試合でした。6人タッグながら、なつぽいとゆうなちゃんが約3年振りの対戦でした。再び戦うのがまさかDDT両国国技館のリングとは思いもしませんでした。あまり絡みがなくあっさり終わってしまいましたが、両国国技館という大舞台で戦えたことは良かったと思います。夜の予定があったので前半終わって休憩時間に出てしまいましたが、本戦の方のDDTはエンターテイメント色が強すぎて、あまり好みではありませんでした。
 両国から新木場に移動して、アクトレスガールズACT36でした。ACTのナンバーシリーズということで、ビギニングとカラーズの選手が共に出場ですが、今はまた怪我人も多くて、カード的には今ひとつかなというところです。メインは高瀬みゆき&関口翔&有田ひめか対沙紀&清水ひかり&さくらんボニータの対抗戦で、翔くんがひかりちゃんに勝利しました。セミは安納サオリ&本間多恵対茉莉&櫻井裕子で、多恵ちゃんが裕子ちゃんに勝利しました。当然の結果とも思いますが、ビギニング派なので嬉しい結果でした。
 19日はプロレスの日で、ジャイアント馬場没20年追善興行がありました。マスカラスが出るなら行こうか、大仁田が出るなら止めようかと迷っているうちに手頃な席は売り切れてしまいました。バカ高い前の席と自由席が残っていましたが、値段設定も気に入らなかったし、サムライTVで生中継があるならそれでいいやという感じでした。
 なのでテレビ観戦でしたが、オープニングに猪木が登場しました。リングに上がらず、馬場さんからの最後の手紙は「三途の川で待っている」だったと言い、上がると挑戦を受けたことになるからと話しましたが、歩きもヨタヨタしていて、上がれないのではないかと。昨年に腰の手術をしたとのことでその影響と思いたいところです。ブッチャーも車椅子でしたが、こちらはもっと体調が悪いのではないかと思われていたので、ドリー、ハンセン、初代タイガーら豪華ゲストとの再会に愛嬌のある笑顔を見せて、思ったより元気そうで何よりでした。マスカラスはやっとこさでフライングクロスチョップ、フライングボディーアタックまで出しましたが、全身タイツ姿は寂しいです。ドスカラスの方がだいぶコンディションも良さそうでした。メインでは新日の棚橋と全日の宮原がタッグで対決し、オールスター戦らしいカードでした。
 23日は東京女子プロレス新宿FACE大会を観戦しました。なつぽいが参戦したので今年から頻繁に観ていますが、札止め続きです。新宿FACEはビッグマッチ仕様で、いつもは6試合なのが、8試合あり、シングル&タッグのタイトルマッチもありました。それでも変わらず札止めでした。通常は2時間でキッチリ終わってくれてありがたいですが、今日も休憩時間なしで2時間半くらい。テンポがよくていいです。
 何と言っても注目はなつぽい対伊藤麻希です。すべてにおいて、なつぽいが勝っていたと思いますが、結果は屈辱のフォール負けでした。でもこの方が色々展開がありそうで面白かったのかなと思います。タイトルマッチは波乱がありませんでしたが、辰巳リカの復帰戦に、久し振りの沙希様登場もあり、ここでヒパーミサヲが辰巳リカを裏切り、マスクを捨てて、沙希様に着くという新展開がありました。面白くなりそうです。
ブログも御覧下さい

BACK NUMBERはこちら