TOPICS   (随時更新)

1/6 拳王がGHC王座初防衛

 ノア後楽園大会で行われたGHCヘビー級選手権は、拳王が清宮に3発のハイキックでレフェリーストップで勝利し初防衛に成功した。

1/4 オカダがIWGP王座V9

 新日ドーム大会で行われたIWGPヘビー級選手権は、オカダが内藤にレインメーカーで勝利し9度目の防衛に成功した。USヘビー級選手権は、ケニーがジェリコに片翼の天使で勝利し4度目の防衛に成功。IC選手権は、棚橋がホワイトにハイフライフローで勝利し4度目の防衛に成功。IWGPジュニア選手権4WAY戦は、オスプレイがスカルに勝利し王座を奪取。NEVER無差別級選手権敗者髪切りマッチは、後藤が鈴木にGTRで勝利し王座を奪取。IWGPタッグ選手権は、EVIL&SANADAがアーチャー&スミスJrに勝利し王座を奪取。IWGPジュニアタッグ選手権は、マット&ニックがYOH&SHOに勝利し王座を奪取した。

1/4 新日G1は武道館3連戦

 新日ドーム大会で上半期のビッグマッチスケジュールが発表された。G1は7月14日、15日の大田区総合体育館2連戦で開幕。優勝決定戦は8月10日、11日、12日に日本武道館3連戦で開催される。

1/4 全日2.3横文で3大タトルマッチが決定

 全日2.3横文大会で、ドーリング対KAIの三冠ヘビー級選手権、諏訪魔&石川対宮原&ヨシタツの世界タッグ選手権、TAJIRI対青木の世界ジュニア選手権が決まった。

1/3 諏訪魔&石川が世界タッグ王座を奪取

 全日後楽園大会で行われた世界タッグ選手権は、諏訪魔&石川が秋山&大森に勝利し第79代王者となった。

1/2 竹田がデスマッチ、大地がストロング王座を防衛

 大日本後楽園大会で行われたBJWデスマッチヘビー級選手権は、竹田が塚本にリバースUクラッシュで勝利し4度目の防衛に成功。BJWストロングヘビー級選手権は、橋本が河上に三角締めで勝利し初防衛に成功した。

1/2 ドーリングが三冠王座V2

 全日後楽園大会で行われた三冠ヘビー級選手権は、ドーリングがゼウスにレボリューションボムで勝利し2度目の防衛に成功。世界ジュニア選手権は、TAJIRIが鼓太郎にバズソーキックで勝利し3度目の防衛に成功した。

1/1 小幡が世界ヘビー級王座を奪取

 ゼロワン後楽園大会で行われた世界ヘビー級選手権は、小幡優作が田中将斗にダイビングニードロップで勝利し第22代王者となった。NWAインタコンチタッグ選手権は、吉江&岡本が佐藤耕平&鈴木秀樹に勝利し第37代王者に。NWAインターライトタッグ選手権は、SUGI&政宗が日高&菅原に勝利し第27代王者に。NWA世界&インタージュニア選手権は、ショーン・ギネスが高岩に勝利し初防衛に成功した。

12/31 RENA敗れる

 RIZINさいたまSA大会で行われた女子MMAスーパーアトム級トーナメント決勝は、朝倉カンナがRENAに裸締めで勝利し優勝した。キックボクシングトーナメント決勝は、那須川天心が藤田大和にKO勝ちし優勝した。

12/24 美闘が引退

 スターダム後楽園大会で美闘が引退試合を行った。彩羽と組み、トニー&里村と対戦し、トニーのストロングゼロ4連発で敗れた。セレモニーにはWWEのカイリ・セインも駆けつけた。

12/24 安納がPOP王座防衛

 アクトレスガールズ新木場昼夜興行で、安納が高瀬に勝利しPOP王座を防衛した。元スルスキの有田ひめかがデビュー。沙紀が入団を発表した。

12/24 竹下がKO−D王座V10

 DDT後楽園大会で行われたKO−D無差別級選手権は、竹下がガバナに勝利し10度目の防衛に成功した。KO−Dタッグ選手権は、丸藤&HARASHIMAが佐々木&遠藤に勝利し5度目の防衛に成功した。