TOPICS   (随時更新)

9/22 スターダム5★STARGPは花が優勝

 スターダム後楽園大会で行われた5★STARGPは、木村花が小波にハイドレンジアで勝利し優勝した。

9/19 藤田がレジェンド王座を奪取

 リアルジャパン後楽園大会で行われたレジェンド選手権は、藤田和之がスーパータイガーにスルーパーホールでレフェリーストップ勝ちし第14代王者となった。

9/16 ノアN-1は拳王が優勝

 ノア大阪大会で行われたN-1 VICTORY優勝決定戦は、拳王が杉浦にローリング・ダイビングフットスタンプで勝利し優勝した。GHCジュニア選手権は、HAYATAがYO-HEYにへデックで勝利し初防衛に成功した。

9/15 木高がデスマッチV3、耕平がストロング初防衛

 大日本横文大会で行われたBJWデスマッチヘビー級選手権は、木高が佐久田に蛍光灯への憤怒の罪で勝利し3度目の防衛に成功した。BJWストロングヘビー級選手権は、佐藤耕平が神谷にパイルドライバーで勝利し初防衛に成功した。

9/14 セロワン天下一JrはHUBが優勝

 ゼロワン後楽園大会で行われた天下一Jr決勝戦は、HUBがSUGIに猛毒波布空爆で勝利し優勝した。世界ヘビー級選手権は、火野が関本に原爆固めで勝利し王座を奪回した。

9/3 宮原が三冠V7

 全日後楽園大会で行われた三冠ヘビー級選手権は、宮原が野村にシャットダウンSHで勝利し7度目の防衛に成功した。世界タッグ選手権は、崔&ゼウスが諏訪魔&石川に勝利し第86代王者となった。

9/1 稲葉がW-1王座を奪回

 W-1横文大会で行われたW-1チャンピオンシップは、稲葉がT-Hawkに極反り卍固めで勝利し第15代王者となった。W-1タッグチャンピオンシップは、芦野&児玉が入江&リンダマンに勝利し初防衛に成功した。武藤が昨年3月振りにW-1参戦、カズ&ペガソと組み、TARU&近藤&ゾディアックと35周年記念試合を行い、閃光魔術弾で勝利した。

9/1 竹下がKO-D無差別級V2

 DDT大阪大会で行われたKO-D無差別級選手権は、竹下が青木にウォールオブタケシタで勝利し2度目の防衛に成功した。11.3両国EXTREAM級王座とのダブルタイトル戦を提案。29日の同王座3WAYマッチ、イケメン、HARASHIMA、沿道の勝者との両王座戦が決まった。

8/31 新日ロンドン大会でオカダがIWGPヘビー級V3

 新日ロンドン大会で行われたIWGPヘビー級選手権は、オカダが鈴木に勝利し3度目の防衛に成功。試合後SANADAが挑戦をアピールした。ブリティッシュヘビー級選手権は、棚橋がザックに勝利し王座を奪取。NEVER無差別級選手権は、KENTAが石井に勝利し王座戦を奪取した。

8/25 ケニーが5年振りDDT参戦

 DDTグループ秋の祭典11.3両国大会にケニー・オメガの参戦が発表された。里歩と組み、アントーニオ本多&山下美優と対戦する。

8/25 耕平がBJWストロング王座を奪取

 大日本後楽園大会で行われたBJWデスマッチヘビー級選手権は、木高が宇藤に勝利し2度目の防衛に成功。BJWストロングヘビー級選手権は、佐藤耕平が岡林に勝利し第15代王者となった。

8/25 尾崎がOZ無差別級&爆女王2冠に

 OZ横文大会で行われたOZ無差別級&爆女王選手権有刺鉄線電流爆破バットデスマッチは、尾崎魔弓が松本浩代に勝利し二冠王者となった。OZタッグ選手権は、AKINO&加藤が雪妃&安納に勝利し第31代王者となった。

8/25 万喜なつみが初代インターナショナルプリンセス王座を戴冠

 東女後楽園大会で行われた初代インターナショナルプリンセス王座決定戦は、万喜なつみがジゼル・ショーにジャーマンスープレックスで勝利し初代王者となった。プリンセスタッグ選手権は、沙希様&操が山下実優&渡辺未詩に勝利し2度目の防衛に成功した。